恋愛対象に関する女性の本音

はげの容姿のために恋愛が遠のいて…

コンプレックスはだれにでもありますよね。しかし、学歴などの悩みなら内面に抱えた見えないものであり、過去の自分を知らない人間関係をつくれば解消できます。場合によってはつかの間、忘れることもできます。

 

 

しかし、髪の毛や容姿に関係したコンプレックスはそうはいきません。いやな言葉ですが、醜形恐怖とも呼ばれます。そんなコンプレックスを抱えた男性がまわりの環境に心を痛めているケースは少なくありません。

 

・ネットでおもしろおかしくからかわれたり、中傷されたりする
・現実社会でしつこくネタにされる。陰口で笑いものにされる

 

こんな環境が長く続くと、女性との接点もつい遠のいてしまいます。

 

女性の本音は「自分が納得できる男性なら恋愛対象もアリ!」

 

恋愛したくても、好きな女性が自分の容姿をどう思っているのか、どう感じているのかわからない。告白したら笑われるのではないか。実際に辛い体験を過去にした人であれば、告白する勇気が持てなくなるのもムリはありません。

 

でも、このサイトにも書きましたが、ハゲや薄毛を気にしない女性はまちがいなくいます。実際に、ネットのお悩み相談を見ても「自分がいいと思える男性ならば、恋愛対象になりうる」という意見は目にすることができます。

 

 

ですから、チャレンジしないのはもったいない!

 

こんなことを書くと、「でも、いきなりじゃ勇気が出なくて……」という声が聞こえてきそうですね。そこで、私の経験から恋愛環境にすんなり近づくこんな方法を解説してみます。

 

会社や日常の環境以外で信頼できる人を探し、人脈を広げていく

 

自分の趣味に関連する社会人サークルのような集まりに入るのもいいですね。参加費用もあまりかからないところが安心です。

 

 

性格が明るくて信頼できる、男性や女性を探す

 

そのなかから男性でも女性でも口のかたい、信頼できる人を探します。悩みの相談にも冷静に受け止めて乗ってくれるはずです。そういう人は人にも好かれていますから人脈も豊富ですし、人間的に学ぶことも多いものです。

 

知り合いを紹介してもらう

 

すぐにはムリかもしれませんが、友達の友達という形で人の輪が広がってきますから、そのなかにチャンスが生まれる可能性があります。

 

何度もチャレンジ!

 

 

ハゲコンプレックスのない男性でも、ふられて落ち込むなんてあたりまえです。外国人男性から見ると「日本人男性はふられてすぐに落ち込みすぎだ」とよく言われます。何度もチャレンジしましょう。

 

ハゲコンプレックスTOPへ▲